Welcome

Engineering for Nanoscale Confined Space -Active use of interfaces for structure control-

Concerning nano- and submicron-scale, which enhances the interfacial effect, the researchers in this laboratory devote their efforts to the research subjects, aiming at systematic understanding and contribution to chemical engineering fundamentals, which would stand for potential applications to production of functional materials and various devices utilizing interfaces.

ナノスケール拘束空間の工学 ー構造制御を目指した界面場の積極利用ー

京都大学大学院工学研究科化学工学専攻 界面制御工学研究室では,広義の「界面」における「外場」の積極利用に着目して,その効果が強調されるナノスケール空間を舞台に,その場特有の分子/イオン/ナノ粒子の挙動と構造について,分子・粒子シミュレーションと実験を併用した解析・モデル化に取り組んでおり,界面と構造の関わる化学工学基礎の体系化を目指すとともに,機能材創製と界面利用各種デバイスへの応用を視野に研究しています。

Recent Publications

2019年12月03日
Attachment Behavior of Hydrophobic Beads on Bubble Surface, published online
2019年10月31日
[書籍] PCP/MOFおよび各種多孔質材料の作り方,使い方,評価解析
2019年08月24日
Convective Self-Assembly of Colloidal Particles in Nanofluid Combined with In-Situ AFM Measurements, published online
2019年05月30日
Flow Synthesis of Silver Nanoshells Using a Microreactor, published online
2019年04月15日
Core-Shell Metal-Organic Framework (ZIF-67@ZIF-8) Particles / コアシェル型多孔性配位錯体粒子の合成と吸着特性評価
» 続きを読む

What's New!

2020年04月03日
Welcome, new members! / 新しいメンバーを迎えました
2019年12月20日
研究室見学会のお知らせ
2019年11月15日
Yuta won the Poster Prize!/吸着学会研究発表会にてPoster賞を受賞!
2019年11月15日
Prof. Miyahara was awarded the Academic Research Prize/宮原 稔教授が日本吸着学会 学術賞を受賞
2019年11月07日
Paper award from the Carbon Society of Japan/炭素材料学会 論文賞を受賞!
» 続きを読む